スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
マイオセントリックについて
最近知り合った歯科医師とのやり取りで、私が作っているスプリントに似た治療装置に話が及びました。
 私が治療装置を作るための咬合位を決めると、すぐに患者さんの痛みが軽くなっていくことに興味を持ったのでしょう、
「山田先生の目指している顎関係とマイオセントリックは違うものですか?」
とたずねられました。

これに似た質問は以前にもたずねられたことがあるのですが、どのように答えれば理解しもらえるだろうかといつも悩みます。

私の治療装置で設定している顎関係は、とりあえずの名称としてVanishing Position=VPと呼んでいます。Vanishing Pointのもじりで冗談半分につけた名前ですが、後から考えてみると、意外に適切だと思える部分があります。

Vanishing Positionと名づけた理由は、その顎関係に誘導すると、アメリカリウマチ学会線維筋痛症分類基準の基準圧痛点が速やかに消滅、または軽減する位置だからです。

ではVPとマイオセントリックの関係はどうなるかということですが、マイオセントリックとは
国際顎頭蓋機能学会日本部会のHPによると
Jankelsonはマイオパルシングによって筋の不随意な収縮や、、咬合のインバランスなどによる異常な筋活動が排除でき、Myo-Monitorによって下顎が挙上して得られた下顎位(マイオセントリック)は、生理的下顎位であるとしました。
と言うことですので、両者を比較してみましょう。

まず、明らかに違う点は両者の定義の方法そのものです。
自然科学では用語は明確に定義されなければなりません。
定義によって、そのものと他のものを区別できなくてはなりません。
その観点からすると両者の定義に質的な差が有ることがわかります。

まずVPですが、その顎関係がVPであるかどうかは、
アメリカリウマチ学会線維筋痛症分類基準(=ACR FMクライテリア)の基準圧痛点をチェックすれば判断することができます。
そして、多くの研究調査の結果、ACR FMクライテリアの圧痛点の数は慢性疼痛の広がりと相関があるというエビデンスが得られています。

さて、マイオセントリックの第一の問題点は、マイオパルシングによって異常な筋活動が排除できるかどうかの保障がない点です。さらにいえば、異常な筋活動があるかどうかを確認する手段がなく、マイオパルシングに期待どおりの効果があったかどうか確かめようがないわけですから、たとえ、定められた手順によって決定したとしても、得られた顎関係がマイオセントリックであるかどうかは確かめようもありません。

マイオセントリックの定義そのものに問題があるために、マイオセントリックであるかどうかの特定ができないので、VPとマイオセントリックの関係を論じることそのものが無意味となってしまうのです。













スポンサーサイト


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

顎関節症 | 13:08:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。