スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
顎の歪について
顎の歪が不定愁訴の原因といっているHP、多いですねぇ。

どのHPを見ても、言っていることは基本的にはほとんど同じで
顎が左右どちらかにずれる、または歪むと首が曲がる。
首が曲がると、そのためバランスをとろうとして肩が曲がる、
腰も曲がる、それで全身的な不定愁訴が出る。
そんなことを書いてあります。

多少のバリエーションはありますが、大体こんなところでしょう。

そんなHPを不定愁訴のある人が見たとします、
自分の顎を鏡でしげしげ見ると、
たいへん!
ずれています!
それで、自分の症状の原因は顎のずれや歪だと思ってしまう。

それは正しいのでしょうか?
確かに不定愁訴のある患者さんの顔は、みな左右対称ではありません。
口の中を見ると、きちんとかみ合っていない歯が見つかります。
では、それが不定愁訴の原因だといえるでしょうか?

こたえは、ノーです。

完全に左右対称の顔なんてほとんどありませんし、
すべての歯が均一にかみ合っている人も、いません。

探せばすべての人に顎のずれや、かみ合わせの不均衡が見つかります。

誰にだってあるのですから、不定愁訴もちの人にもあります。
ただそれだけのことです。

ではなぜそんなトンデモ理論が一般的になってしまったのでしょう?
確かなことは、もちろん分かりません。
たぶん、人の心の弱さというものが関係しているのだろうと、私は思います。

歯科医になって数年も臨床をすれば、たいていは千人以上の患者さんの治療をします。
毎日人の口の中を見続ける生活をおくれば、完全に均一な咬合なんてものは、
現実には存在しないことを知ることになります。
咬合に問題の無い人間なんていないのです。
咬合に問題があっても、人々は普通に健康な生活を送っているのです。
だから、ほとんどの歯科医は咬合と不定愁訴の関係を否定します。
毎日の経験がそれを言わせるのです。

ところが、あるとき、例えば強く咬合していた歯を削って見ると、
肩こりが軽くなったと患者さんが言ったとします。

それを聞いて歯科医は混乱します。
現実に起こったことがこれまでの経験と矛盾するからです。

実際に起こっていることは、
不正咬合を改善しようとして歯に手を加えると、
肩こりが楽になることもあるし、ならないこともある。
と言う単純な、しかし、どっちつかずの不安定なことがらです。
不安定では、心が落ち着きませんので、
無理やり何らかの説明がほしくなります。

顎の歪がどうたらこうたらと言っている歯科医も、
すべての人の顎やかみ合わせには問題点を見つけることができることは承知しているはずです。
顎の歪なんかで全身症状が出ないことは、体験的に知っているはずです。
ただ判らないことを判らないとしておけない為に、
無理やりの理屈にすがっているように、私には見えます。

問題解決の第一歩は、事実をそのまま受け入れること、
事実に反する変な理屈にすがることなく、
勇気を持って自らの知識の限界を見つめることだと考えます。




スポンサーサイト
未分類 | 16:41:17 | トラックバック(0) | コメント(10)
線維筋痛症教育研修会
2月11日に、東京平河町の都市センターホテルで線維筋痛症教育研修会がありました。
厚労省線維筋痛症研究班が中心になって毎年開かれている線維筋痛症研究会とは別に
基本的な情報を提供する場としての研修会が初めて開かれました。

当日は朝7時10分に福岡空港発の飛行機に乗って、
9時15分には都市センターに着いていました。
事前にネットで経路を調べて何時に着くか分かっているので、
ずいぶん気楽です。
ネットで経路を検索すると、東京メトロの時刻表まで表示してくれるのは、
ありがたいと言うか、便利になったものです。

今回の研修会は厚労省のバックアップがあるのか、参加費が格安でした。
その上近頃は宿泊パックの航空券も格安なので、
学会参加の負担が減って、前より気軽に参加できます。

さて、今日は今から名古屋行きです。
石川県小松市の加茂先生が主催しているMPS(筋筋膜痛症候群)の研究会の会合があるのです。

線維筋痛症研究会は薬物療法中心の発表が多いのですが、
MPS研究会ではトリガーポイントブロック療法が中心。

線維筋痛症研究会と日本リウマチ学会で、私は過去3回の発表をしています。
しかし、私の治療法はトリガーポイントブロック系統なので、
線維筋痛症研究会よりMPS研究会寄りです。
そんなわけで、MPS研究会は治療テクニックの参考になるので楽しみにしています。




テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

未分類 | 12:22:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
講習会に行く歯科医の落とし穴
新しい知識を得るために、歯科医は講習会にいきます。
自分で勉強しないと時代から取り残されてしまいますから、
講習会へ行くこと自体はいいことなのですが、
落とし穴もあります。

治療システムが確立した分野の講習会は、それなりに安心できる内容が多いのですが、
治療法どころか原因も病気の起きるメカニズムも、
それどころか病気の定義すらも定まっていない顎関節症の治療法となると、
講習会に思わぬ落とし穴があります。

顎関節症に関しては、確かな根拠に裏付けられていて、研究者誰もが認めている
そんな知見はとても少なく、顎関節症とはどんな病気なのか、
どんな場合にどんな治療法で対処すれば確実なのかなどが明らかにされていないのです。

そんな状況ですから、教える側の頭の中もいささか混乱しています。
顎関節症治療に関連して起きることどもすべてを、
矛盾無く説明できる理論が無いので、
自分の考えで説明できない事柄は無視しないと、話がまとまらなくなります。
時間の限られた講習会ではなおさら切り捨てる部分が多くなります。

さらに、自説が正しいことを説明するための証拠は、強調的に取り上げることになります。
短時間のうちに自説を説明しようとすれば、これはある程度は避けられません。

講習を受ける側が、ある程度の予備知識と見識を持っていると仮定して
このような講習会は行われるのですが、
なかには、経験が浅く、物事の表を見て裏を想像することができない
ナイーブな性格の受講生がいたりするのです。

こんな人は講習を丸ごと信じ込んでしまうのです。

教えている側が何とか破綻せずに治療を行えているのは、
講習で切り捨てざるを得なかった内容にも配慮しながら、
慎重にバランスをとって治療しているからなのですが、
ナイーブな受講生は講習の内容がすべてと思い込んで、
暴走するのです。

教えている側からすると、そこまで自信満々に、なんにでも手をつけたら危ないよ、
と言いたくなることがあるのです。

文章にすると、そんな馬鹿なという内容ですが、
恐ろしいことにまれな事ではありません。

私は人に教えるときに、このような暴走が起きないように、
くどくどと小難しい説明をします。

聴く方は「そんな学問的なことじゃなく、すぐに使えるテクニックを教えてくれ」
と思っているのはひしひしと伝わるのですが、
やはり順序良く訓練しないと危ないと思うのです。

それが結構評判が悪いのですが、しかたが無いのです。

顎関節症は、基本的に治りやすく、さほど心配する必要の無い病気ですが、
時として、線維筋痛症や慢性疲労症候群や化学物質過敏症や過敏性大腸炎や
その他もろもろの厄介な病気の入り口の場合もあるのです。

奥が深いのです。

顎が痛いだけの病気と思い込んでいると、
驚くような展開を見せることがあるのです。

簡単に手をつけては危ないんですよ、歯医者諸君、
と、いつも心の中でつぶやいています。






テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

顎関節症 | 18:36:06 | トラックバック(0) | コメント(1)
慢性疼痛や不定愁訴と顎の関係を研究しています。
この分野は、科学的にはほとんど解明されていないので、
日々頭を悩ませながら診療をしています。

線維筋痛症、慢性疲労症候群、CRPSなどの未解明の疾患を中心に治療しているので、
一般的な歯科治療をしている歯科医では味わうことのない経験をたくさんします。
そんなことやその他のことなどを取りとめもなく書いていこうと思います。

まず、はじめに、
明後日、2月11日は厚労省線維筋痛症研究班主催の線維筋痛症教育講演会が
千代田区の都市センターホテルで開かれますので、東京へ出かけます。

この手の研究会や学会では歯科医はほとんど私一人ということが多く
歯科医中心の学会とは、細かいところも含めて「風習のちがい」のようなものがあって
いつも面白がったり、感心したり、感心しなかったりしています。

いろいろな風習の違いがありますが、結構面白いものに
「拍手をするタイミングの違い」があります。

日本口腔インプラント学会、顎関節学会、日本顎咬合学会、日本口腔顔面痛学会などの
歯科系の学会と、日本リウマチ学会、線維筋痛症研究会、日本レーザー医学会、
日本ME学会などの医科系の学会では、どのような講演で拍手するか、しないかが違うんです。

きっと、他の分野の学会でも、それぞれの風習があるんでしょうね。


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

未分類 | 15:22:14 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。