スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
鳥人間コンテストの事故で脳脊髄液減少症になった話に思う
鳥人間コンテストの事故で脳脊髄液減少症になったとして読売テレビや大学、サークル関係者を提訴
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130622-00010001-jisin-soci

脳脊髄液減少症の症状は線維筋痛症の症状ととても似ているので、私の医院にお見えになる患者さんたちは、
脳脊髄液減少症の治療経験があることも珍しくありません。

学会でも、この二つの病気が実は同じものではないか、という疑問が出されたりするほど両者はよく似ています。

線維筋痛症の治療を専門にしている立場からこのニュースを見ると、気の毒な事故だなと思うだけでなく、考えさせられる点があります。

後遺症を負った川畑さんは
>今後の安全対策についてなど、私が満足する話し合いはできませんでした。
>私は、なぜこんな事故が起きてしまったのかを知りたかった。
>それに今後、二度と同じことが起こらないようにしたいと思ったんです
とコメントしているそうですが、訴訟にまで発展してしまった経過について
この病気の治療にかかわっている立場からすると、生々しく想像できる部分があるのです。

一番の行き違いは、事故のひどさと障害の重さの関係に関する認識のずれでしょう。

川畑さん側からすれば、ここまでひどい障害を負ってしまったのだからひどい事故だったに違いないという思いがあるのではないでしょうか。

一方、テレビ局やサークル側からすると、それほど危険なこととは認識していない、それほど重大な事故とは認識していないということがありそうです。

つまり川畑さん側は障害の重さから事故を考え、テレビ局・サークル側は行為の危険性の認識の観点から考えている、その両者の意識の違いによる争いが、川畑さんのコメントに表れていると思います。


脳脊髄液減少症も線維筋痛症も症状は本当に悲惨です。
ですから川畑さんが
>それに今後、二度と同じことが起こらないようにしたいと思ったんです
と願うのも、もっともなことです。

しかし、同時に脳脊髄液減少症の原因は明らかではない、ということも事実なのです。
ほんの少しの衝撃でも脳脊髄液減少症や線維筋痛症は置きます。
それどころか、思い当たるような原因がなくて起きることすらあります。

さらに、原因が明らかでないどころか、脳脊髄液減少症という病気の存在すら議論の対象となっているのです。
ですから、現状ではどのような対策を行えば予防できるのかは、誰にもわからないことです。


この問題は、基本的には医学の発展を待つ以外の解決法はないのです。
では、このような形の訴訟が医学の発展を促すのでしょうか?大いに疑問です。
法律的には、このようにしかならないのでしょうが、訴える相手が違うと思います。
法律には、かなり残念な限界があります。


医療訴訟を多く行うことが患者の受ける医療の質にどう影響するか、という研究がおこなわれています。

患者の権利法制定を生涯の仕事とした池永満弁護士は、私の敬愛する法律家ですが、
医療訴訟は、結果的には患者の幸せを増やすことにはならなかったという日米での調査を踏まえて
新しい形の患者運動である、患者の権利オンブズマンを立ち上げました。


川畑さんのケースでいえば、訴訟にエネルギーを使うより、
このような運動に力を入れるほうがご自分にとって有益ではなかろうかと、
部外者ながら思う次第です。




スポンサーサイト

テーマ:幸せに生きる - ジャンル:心と身体

未分類 | 12:21:37 | トラックバック(0) | コメント(2)
おわび
このところ、大学での研究のための申請書類作りと歯科医師会の会務に追われて、
ブログを全く更新しなかったために、
コメントいただいたのにコメントが表示されないことになってしまっていました。

コメントしていただいた方、すみません。

未分類 | 19:14:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
第1回日本線維筋痛症学会
8月16日は第1回日本線維筋痛症学会の演題申し込みの締め切りでした。
日本線維筋痛症学会は今年学会になったばかりの新しい学会です。

日本リウマチ学会の中の線維筋痛症の部門で研究発表をしていた
医師たちが中心となって、2年前に線維筋痛症研究会を立ち上げ、
3年目にして学会に昇格してしまいました。

私がはじめて参加した頃の日本リウマチ学会の線維筋痛症部門は、
20,30人ほどの参加者がいるだけのこじんまりした集まりでした。
それが、数年で400人近い参加者が集まる学会になってしまいました。
線維筋痛症をとり巻く状況の変化の激しさを、いまさらながらに感じています。

さて、私はここ3年連続して研究の発表をしています。
しかし今年は、日本臨床リウマチ学会誌への投稿論文の仕上げや、
ずっと以前に書いて、国際疼痛学会の学会誌PAINへ投稿して没になった論文の手直しやらで
なんとなく忙しくなっていましたので、
線維筋痛症学会での研究発表の準備が遅くなってしまっていました。

けっきょく、夏休みを使って線維筋痛症学会の口演の抄録をまとめることになりました。

結構、嫌々やっていたのですが、終わってみると軽い達成感があって、
結構楽しかったなんて思ったりもするのが、妙です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

未分類 | 13:27:36 | トラックバック(0) | コメント(5)
顎の歪について
顎の歪が不定愁訴の原因といっているHP、多いですねぇ。

どのHPを見ても、言っていることは基本的にはほとんど同じで
顎が左右どちらかにずれる、または歪むと首が曲がる。
首が曲がると、そのためバランスをとろうとして肩が曲がる、
腰も曲がる、それで全身的な不定愁訴が出る。
そんなことを書いてあります。

多少のバリエーションはありますが、大体こんなところでしょう。

そんなHPを不定愁訴のある人が見たとします、
自分の顎を鏡でしげしげ見ると、
たいへん!
ずれています!
それで、自分の症状の原因は顎のずれや歪だと思ってしまう。

それは正しいのでしょうか?
確かに不定愁訴のある患者さんの顔は、みな左右対称ではありません。
口の中を見ると、きちんとかみ合っていない歯が見つかります。
では、それが不定愁訴の原因だといえるでしょうか?

こたえは、ノーです。

完全に左右対称の顔なんてほとんどありませんし、
すべての歯が均一にかみ合っている人も、いません。

探せばすべての人に顎のずれや、かみ合わせの不均衡が見つかります。

誰にだってあるのですから、不定愁訴もちの人にもあります。
ただそれだけのことです。

ではなぜそんなトンデモ理論が一般的になってしまったのでしょう?
確かなことは、もちろん分かりません。
たぶん、人の心の弱さというものが関係しているのだろうと、私は思います。

歯科医になって数年も臨床をすれば、たいていは千人以上の患者さんの治療をします。
毎日人の口の中を見続ける生活をおくれば、完全に均一な咬合なんてものは、
現実には存在しないことを知ることになります。
咬合に問題の無い人間なんていないのです。
咬合に問題があっても、人々は普通に健康な生活を送っているのです。
だから、ほとんどの歯科医は咬合と不定愁訴の関係を否定します。
毎日の経験がそれを言わせるのです。

ところが、あるとき、例えば強く咬合していた歯を削って見ると、
肩こりが軽くなったと患者さんが言ったとします。

それを聞いて歯科医は混乱します。
現実に起こったことがこれまでの経験と矛盾するからです。

実際に起こっていることは、
不正咬合を改善しようとして歯に手を加えると、
肩こりが楽になることもあるし、ならないこともある。
と言う単純な、しかし、どっちつかずの不安定なことがらです。
不安定では、心が落ち着きませんので、
無理やり何らかの説明がほしくなります。

顎の歪がどうたらこうたらと言っている歯科医も、
すべての人の顎やかみ合わせには問題点を見つけることができることは承知しているはずです。
顎の歪なんかで全身症状が出ないことは、体験的に知っているはずです。
ただ判らないことを判らないとしておけない為に、
無理やりの理屈にすがっているように、私には見えます。

問題解決の第一歩は、事実をそのまま受け入れること、
事実に反する変な理屈にすがることなく、
勇気を持って自らの知識の限界を見つめることだと考えます。




未分類 | 16:41:17 | トラックバック(0) | コメント(10)
線維筋痛症教育研修会
2月11日に、東京平河町の都市センターホテルで線維筋痛症教育研修会がありました。
厚労省線維筋痛症研究班が中心になって毎年開かれている線維筋痛症研究会とは別に
基本的な情報を提供する場としての研修会が初めて開かれました。

当日は朝7時10分に福岡空港発の飛行機に乗って、
9時15分には都市センターに着いていました。
事前にネットで経路を調べて何時に着くか分かっているので、
ずいぶん気楽です。
ネットで経路を検索すると、東京メトロの時刻表まで表示してくれるのは、
ありがたいと言うか、便利になったものです。

今回の研修会は厚労省のバックアップがあるのか、参加費が格安でした。
その上近頃は宿泊パックの航空券も格安なので、
学会参加の負担が減って、前より気軽に参加できます。

さて、今日は今から名古屋行きです。
石川県小松市の加茂先生が主催しているMPS(筋筋膜痛症候群)の研究会の会合があるのです。

線維筋痛症研究会は薬物療法中心の発表が多いのですが、
MPS研究会ではトリガーポイントブロック療法が中心。

線維筋痛症研究会と日本リウマチ学会で、私は過去3回の発表をしています。
しかし、私の治療法はトリガーポイントブロック系統なので、
線維筋痛症研究会よりMPS研究会寄りです。
そんなわけで、MPS研究会は治療テクニックの参考になるので楽しみにしています。




テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

未分類 | 12:22:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。